生活保護申請の方法が分からないなら代行業者に相談しよう

サイトマップ

生活保護とお金

生活費を稼げないなら生活保護申請を

子供をお世話する親

何らかの事情があって働くことができない場合、大人は納税の必要もありますし家賃や光熱費なども一人暮らしの場合にはかかってきます。実家暮らしで誰かに頼ることができる場合には別ですが、身寄りがいない場合には生活保護申請をすることで暮らしていく費用を捻出することができます。生活保護申請をすると、誰でも生活費をもらうことができるわけではなく、身寄りがなかったり財産がないといった条件はあるものの本当に経済的に困っていて働くこともできない場合には、生活保護申請をすれば多くのケースで受け取ることができます。
例えば、体が弱くて働くことができなかったりリストラをされて再就職ができずに身寄りもない、といった様々な事情があって収入源を絶たれている人は多いです。貯金があればある程度の生活を続けることができますが、それもなくて頼る人もいない場合には生活保護申請をしてみてはいかがでしょうか。申請をしてすぐに振り込まれるわけではなく、申請すると審査がありますのでそれを通過することで毎月一定の金額を受け取ることが可能です。生活保護受給者は、賃貸住宅の場合は扶助も受けられますし子供がいるのか、独身か結婚しているのかによってももらえる金額が異なります。もらう金額に対する税金はかかりませんし、様々な扶助があります。

生活保護申請でわからないことがあれば代行の利用も検討しよう

国民は憲法の定める健康で文化的な最低限度の生活を送れるように、生活保護を受給することができます。ただし、生活保護を受けるためには生活保護申請をして認められなければなりません。申請の仕方がわからない、書類の作成の仕方がわからないという場合は、生活保護申請の代行サービスを利用すると良いです。
こうしたサービスは、行政書士や弁護士などの士業の方と提携していたり、士業の方が直接運営したりしており、活用すれば正しく生活保護申請を行うことができます。また、生活保護を受給した後も仕事を探したい場合や、自立支援機関を利用したい場合に、これらを紹介してくれるところもあります。生活保護を受給するまでとその後のことも広く助けてもらえるのであれば、困窮した生活から立ち直るきっかけを作ることができるでしょう。
そのため、生活保護を受給したい、生活を立て直したいという方は頼ることをおすすめします。生活保護の受給を恥ずかしいと考える人も多いですが、決して受給することは恥ずかしいことではありません。したがって、困っている場合は受給を検討してください。無料相談をやっているところも多いので、生活に困っている方であっても頼りやすくなっています。

生活保護申請書は福祉事務所へ送るのがおすすめ

生活保護を申請したいけど役所の人が生活保護申請書をくれない、受理しないなどといった場合は、福祉事務所へ生活保護申請書を福祉事務所へ直接郵送するのがおすすめです。役所の方は何かと理由を付けて申請を受けない傾向にありますが、福祉事務所へ郵送してしまえば届いた日が申請日になり、認めるか却下するかを期限内に決めなくてはならなくなるので、少なくとも審査は受けられることになります。
生活保護申請書の書式は特に定まってはいませんが、必要事項が書かれていない場合は却下されてしまうので、ネットで拾うことのできる書式をダウンロードして利用するのがおすすめです。困った場合は、弁護士に相談してみるのもよいです。弁護士会では生活保護の無料相談をやっていることが多く、費用をかけずに専門家のアドバイスを受けることができます。
また、手続等で弁護士を頼る必要が出てきた場合も、国の制度により弁護士に費用が払われる仕組みがあるので、生活保護の問題に関しては費用負担を気にする必要はありません。他にも一般の弁護士が無料相談をやっているケースもあります。ただし、普通の弁護士も営利でやっているので、相談が無料でも申請に関する手続きは費用が発生します。

Recent Article

笑顔の親子

生活に困っているなら生活保護申請が最適

けがや病気で仕事をすることができず、助けてくれる家族や親せきなどもいない場合には、生活保護申請…

面談する

生活保護申請に必要なことと知っておきたいこと

生活保護申請ができる人は、状況によりますが、主に生活苦によって申請をする人が多くいます。最近で…

困る主婦

本当に生活が苦しい時は無理せずに生活保護申請を

世の中には自力で生活したくても、出費が重なりお金に困る人は沢山います。生活保護申請をすると、世…

いのちの木

こんなときにはためらわずに生活保護申請を

毎月ぎりぎりの生活をしていたけれど突然収入がなくなってしまった。そんなときはどうすればいいので…

TOPへ